クレース・プランナーズは総合マナーと語学のスペシャリスト
TOP  >  翻訳の星

翻訳の星

株式会社クレース・プランナーズ、有限会社キャプテン・アンド・ミー・インク、海外エンターテインメント特化型のメディア翻訳者育成事業を開始

海外エンターテインメント・コンテンツのメディア翻訳を仕事にしたい人のための実践講座がスタート

このたび株式会社クレース・プランナーズ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役:正門律子、以下クレース・プランナーズ)、有限会社キャプテン・アンド・ミー・インク(本社:東京都杉並区、代表取締役:高間淳、以下キャプテン・アンド・ミー・インク)の業務提携による、翻訳者育成への取り組みの第一弾として、「翻訳の星-メディア編―」を7月7日(土)にスタートいたします。

映像メディア、紙媒体、インターネットと、急速に多メディア化が進む昨今、エンターテインメント・コンテンツの翻訳に関するニーズは年々飛躍的に高まりつつあります。そんな中、我々はエンターテインメントに強い翻訳者の育成を目的とした講座「翻訳の星―メディア編―」を始めることにしました。スキル向上はもちろん、心構えから人脈開拓にいたるまで、翻訳者になるためのHOW TOを第一線で活躍するプロの翻訳者がわかりやすく丁寧にレクチャーしていきます。また、成績優秀者にはキャプテン・アンド・ミー・インクより、実際の翻訳依頼の仕事を継続的に発注していく予定です。

我々が掲げるコンセプトは以下2つ。

その1「憧れの仕事を自分のものに」
音楽、映画などを通じて海外エンターテインメントの世界に憧れ、語学習得に明け暮れた人は少なくないはず。そんな人たちのために、我々はメディア翻訳者になるためのノウハウを伝授します。翻訳スキルの習得はもちろん、営業のかけ方、人脈の形成術などのレクチャーを通じて、即戦力として活躍できる翻訳のスペシャリスト育成を目指していきます。

その2「あなたの眠っている英語力を有効活用してみませんか?」
学業や仕事を通じて、高い英語力を有しているにもかかわらず、その能力を眠らせている人たちは少なくないのでは? そんな人たちのための在宅ワークの一環として、翻訳スキルを習得してもらえたらと考えております。また、海外のエンターテインメントが題材なので楽しくスキルを習得することが可能です。

【キャプテン・アンド・ミー・インクについて】
2007年開業。エンターテインメント系コンテンツの編集・翻訳のプロフェッショナルとして、雑誌、インターネット、モバイル、映像とあらゆるメディアでの実績を有する制作会社。代表取締役の高間淳は、海外エンターテインメント雑誌『SHOWCASE MAG』、カルチャー誌『CASE』の編集長、音楽情報サイト『VIBE-NET』、音楽配信サイト『LISTEN JAPAN』のメディア・プロデューサーなどを務めてきた、コンテンツ編集・メディア開発のエキスパートである。

サービスの特徴

開催時間 4か月間 全8回(1回2時間30分)
講座内容 翻訳の基礎1(テキスト翻訳)
翻訳の基礎2(インタビュー起こし)

翻訳トライアル
翻訳のための日本語力、表現力
効果的な営業術と人脈開拓のためのノウハウ
フリー翻訳者のセルフ・マネージメント術
料 金 106,000円(税抜き)

スタートまでの流れ

高間 裕子
雑誌、ウェブを中心に活躍する翻訳者/ライター。
今まで翻訳に携わってきたアーティストは、アヴリル・ラヴィーン、デスティニーズ・チャイルド、ブリトニー・スピアーズ、オアシス、エミネムなど。
英国音楽雑誌『NME』のニュース翻訳を2003年から4年間にわたり携わる。また、アサヒコム、日経BP、『SHOWCASE MAG』等で音楽映画関連の原稿を多数執筆。海外エンターテインメント誌『GOSSIPS PRESS』、ファッション誌『RUSSH JAPAN』の翻訳者としても活躍中。